【プラグイン】EWWW Image Optimizerの設定|使い方

先日、僕がこういうツイートをしました。

というわけで、今日は「EWWW Image Optimizer」の使い方を解説です。

本記事の内容

  • EWWW Image Optimizerは画像を圧縮するよ
  • EWWW Image Optimizerの基本設定と使い方

EWWW Image Optimizerとは

EWWW Image Optimizerとは

画像を劣化させる事なく自動で圧縮してくれるプラグイン。

「サイトの読み込み」「表示速度」に大きく影響するので、SEO内部対策として必須プラグインの一つです。

SEO内部対策のやり方は ≫【超簡単】誰でもできるSEO内部対策-入門-【初心者向け】にて解説してます。

EWWW Image Optimizerのインストール方法

EWWW Image Optimizerのインストール方法

  1. プラグイン新規追加画面→「EWWW Image Optimizer」と入力
  2. 「EWWW Image Optimizer」をインストール→有効化

EWWW Image Optimizerの初期設定

EWWW Image Optimizerの初期設定
Wordpress管理画面左側の「設定」→「EWWW Image Optimizer」を開いたら、下記2つの項目を設定します。

  • Basic(基本設定)
  • Convert(変換設定)
  • その他の設定はデフォルトのままでOK。早速設定していきましょう。

    Basic(基本設定)を済ませよう

    Basic(基本設定)を済ませよう
    Remove Metadata」にチェックをいれます。

    この設定により、メタデータと呼ばれる画像の余分なものを削除して軽くする事ができます。

    メタデータとは?

    撮影場所、カメラ情報などが記載されたデータ

    Convert(変換設定)も設定しよう

    Convert(変換設定)も設定しよう
    コンバージョンリンクを非表示」という項目にチェック。

    これは、画像のファイル形式が自動変換される機能をオフにします。

    「jpg→png」などの変換もされる事があるので、画像の質が下がってしまう事へのリスクヘッジですね。

    EWWW Image Optimizerの使い方

    EWWW Image Optimizerの使い方は、下記の2種類。

    • 新規画像の圧縮
    • 既存の画像を一括圧縮

    新規画像の圧縮

    新規画像の圧縮
    EWWW Image Optimizerは、有効化していると画像を自動で圧縮してくれます。

    上の画像が、どれほど圧縮されたのかを確認する画面。

    これだけでは不十分なので TinyPNG で画像を圧縮後にWordpressへアップロードしましょう。

    WordPress内の画像を一括圧縮

    Wordpress内の画像を一括圧縮

    1. 「メディア」→「一括最適化」
    2. 「最適化されていない画像をスキャンする」
    3. 「最適化を開始」

    上記の流れで、Wordpress内の重い画像を一括で圧縮できます。

    まとめ

    画像の圧縮は、SEO効果が非常に高いSEO対策です。

    サイトの表示速度をあげればユーザビリティが格段に向上するので、「めんどくさい」なんて言わず絶対やりましょうね。

    それでは、また。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です