社会不適合者ならフリーランスになるべき話【”普通”を捨てる人生】


どうも、コロブです。
ADHD持ちで社会から抹殺されて、フリーランスになりました。

さて、先日こんなツイートをしました。

日本の社会に出ると、

「社会はそんなに甘くない」
「常識だろ」
「普通は○○だから〜」

とか言われますが、今になって思う。

コロブ
普通じゃ稼げないんで、おつかれ。

社会不適合者はフリーランスになるべき

社会不適合者はフリーランスになるべき
結論、社会不適合者はフリーランスになりましょう。

社会不適合者とは、つまり常識に囚われない人間です。幼い頃から日本の常識、社会の常識にずっと違和感を覚えたまま大人になったアダルトチルドレン。

簡単な話、「ライオンは海で生きれますか?」って事ですよ。

うん死ぬよね。

社会不適合者はADHD多い説

社会不適合者はADHD多い説
ADHDが多い説ってより、ADHD=社会不適合者。

ADHDって、現代の社会が生み出した言葉であって、「普通が通用しない人の呼び名」だと思ってます。

僕ゴリゴリADHDですが、マジで誇りに思ってる。人生モブキャラで終わらない為の武器ですもん。

社会不適合者がフリーランスになる為に必要な事

  • ライティングスキル
  • WEBマーケティングスキル
  • 動画編集スキル
  • WEBデザインスキル

要は「PC一つで稼げるスキル」です。他にも色々ありますが、このスキルを身につけたら、あとは自分の趣味や特技と組み合わせるだけ。

参考になる人を紹介しますね。

ナカモトフウフ

沖縄在住のYoutuber。カメラの仕事や映像作成の仕事をしながら、夫婦でフリーランスをやってます。特技である映像作成の技術を活かした魅力あるコンテンツで今人気急上昇中のお二人ですね。

マナブ

フリーランス界の頂点です。僕は王って読んでます。ブログ、YouTube、プログラミングなどを中心に幅広い方面で活動するインフルエンサーで、フリーランスを目指すならとりあえずマナブさんの言う通りに動けばOKだと思う。

かふたろう

マナブさんの動画編集担当者のフリーランス。動画編集だけで月収50万を稼いでいて、YouTubeではそんな動画編集スキルを発信してます。動画編集で独立したい人はチャンネル登録おすすめ。

ヒロシキャンプ

ヒロシです。笑

はい、あのヒロシさん、芸能界から消えたと思いきや、趣味のキャンプを動画で発信する事でYouTuberとして活動してますね。元から知名度のある方はこんな感じで好きな事を発信してもすぐに認知度が広がるので強い。フリーランスかはわかりませんが。

こんな感じで、とにかくフリーランスは今増え続けてます。

社会不適合者がフリーランスになる為に必要なスキルはこんな感じでネット上に溢れてるので、無料で学べるし誰でもなれるのが現実。

会社依存で生きていくだけの時代はとっくに終わってるよね。

要は社会で稼がなきゃいいってだけ


結論、社会にでて就職して働くだけが人生じゃないんですよ。

そんな時代はもうとっくに終わってて、今は誰でも好きな事で生きていける。

これに気づいてない古い人間が、社会の常識や普通という言葉を押し付けてくるというわけですよ。本当価値観狭すぎて惨め。

社会不適合者はフリーランスが向いてる話

社会不適合者はフリーランスが向いてる話
社会不適合者ではない普通の人たちの特徴として「現環境に疑問を抱かない」という性質があります。

しかし社会不適合者は「社会から抜け出す方法」を常に探しますよね。この違いが大きくて、これができればフリーランスにはなれます。

そして、フリーランスはある程度のクリエイティブ力と行動力が必要なので、普通の人間にはできません。

用意された環境で指示された事しかできない人間とは違うので、社会不適合者はもっと自信持つべき。

俺らはきっと頭いいだけ

俺らはきっと頭いいだけ

社会不適合者は特に批判を受けやすく、自己肯定感を失いがち。

ですが、基本日本社会の人間ってアホばっかですよ。これには具体的なデータもあって、日本人の労働生産性は1970年以降ずっと先進国で最下位。

  • 長時間労働
  • 低賃金
  • 止まらぬ増税
  • 終身雇用の破綻
  • 年金破綻

こんな状態で、今まで通りで大丈夫と思ってるアホばっか。

米国と日本の労働生産性比較

下の表は、1万ドルを稼ぐ各国の労働生産性の比較です。

労働生産性比較 労働時間 社員数
日本 7時間超 29名
アメリカ 7時間 19名
ドイツ 6時間 25名

上記の通り、日本人は29名の7時間越え労働。

対して米国では、労働時間はほぼ同じで社員数は19名。ドイツでは社員数は25名だが労働時間が6時間弱。

このように、日本人の労働生産性って本当低いんですよ。

つまり日本社会はアホばっかだから何の参考にもならないんだよね。
米国と日本の労働生産性比較
参考:« 本気で考える、日本の労働生産性はなぜ万年ビリなのか?

普通は誰かのビジネスです

サービス残業当たり前とかって、経営者が儲かる為の洗脳でしかないですよね?

それにすら気づかずに「これだからゆとりは」とか、「私が若い頃は…」とか言い出すアホがいます。

シンプルにあんたの労働生産性が低いだけだから。
だいたいゆとり産んだのもあんたらが投票で選んだ政治家の政策だろうが責任転嫁してんじゃねえよ。

常識では稼げないのを理解すべき

こんな感じで、社会不適合者が生まれるのは当然でして。

むしろ、今の常識に疑問を抱かない人間が一番ヤバイので、社会不適合者はそのままでいい。

フリーランスになりましょう。

コロブ
日本の常識に囚われて生きてたら一生貧乏なので、常識は捨てようって話です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です