【希望】ADHDだから「つづく仕事」【答えは創造性にある】

ADHDで人生絶望する人「ADHDのせいで単純作業とかマジ無理だしどこ行ってもクビになるし、周りには仕事続かないやつって言われる…もう無理…。」

今日はこんな悩みを解決しようと思います。

僕がADHDと診断を受けてから、もう5年が経ちました。

診断結果を聞いて「仕事が続かないのは病気だからしょうがない」と安心する感情を抱きながらも、結局現実は何も変わらないという事実に、絶望してました。

あれから5年経った今、僕はフリーランスとして生活しています。

おそらく、当時の僕のように人生に絶望している人も、多いはず。でも、安心してください。

世界は、想像以上に広い。君が今、目の前が真っ暗だとしても、それは君の見ている狭い世界が真っ暗なだけ。ちょっと視野を広げれば、いっきに明るい未来がやってくる。

今日は、君の人生に少しでも役に立つよう、僕なりに『ADHDでも続く仕事』を書いていこうと思う。

本記事の内容

  • ADHDでも続く仕事は確実にある
  • ADHDだからと絶望するのは、早すぎる

【ADHDでも続く仕事】まずは短所を理解しよう

【ADHDでも続く仕事】まずは短所を理解しよう
ADHDの場合、他と同じような職業についてもまず失敗します。

これを読んでいる人なら、誰でも経験済みのはず。大事なのは、自分の短所を理解すること。

✓ADHDの短所4つ

  • 一つのことにしか集中できない
  • 他人と連携して何かをするのが苦手
  • 興味のないことを継続できない
  • 不注意、ケアレスミスが多い

僕が自分で感じるのは、ここらへんですね。

なので、今はこの4つに当てはまることは絶対にやらないよう、気をつけてます。

マルチタスクはやめよう

常にアイデアや考え事で頭が一杯なので、同時に何かやろうとすると必ず失敗する。

普通なら、マルチタスクをする場合それぞれの作業に「優先順位」をつけて、しっかりわけて作業ができるらしいです。

僕たちADHDにはよくわからない感覚ですね。目の前のことに全力なので、優先順位なんてどう考えてもつけられない。

僕の体験談を紹介します

コールセンターの研修時。

上司が参考書の一部を音読。他の従業員は、上司が読んでいる箇所を蛍光ペンで下線を引きながら暗記。

しかし、ADHDの場合「聞く」というタスクと同時進行で「線を引く」ことができず、聞いて覚えてました。その結果「線すら引かずにやる気がない人」と判断される始末。

最終的に試験があるんですが、僕は聞いて覚えてるので試験では1位の成績を収めました。ですが、他はメモをとって必死にやってる中、僕はただ座ってるだけにしか見えないので、上司に迷惑だと言われましたね。

この時「ああ、この社会はバカばっかりだ。」と、本当に思いました。笑

チームプレイはやめよう

自分のミスで周りにも迷惑がかかる仕事は、ストレスが大きすぎる。

ケアレスミス量産機のADHDにとって、チームプレイは致命的な職種。

例えば、締め切りを忘れて他の業務に集中し、他人に迷惑をかけるなど。こんなの日常茶飯事じゃないですか。

マジで、チームプレイは地獄。ADHDで集団行動なんて愚の骨頂でしかないので、やめましょう。

関心0の単純作業はやめよう

興味のないことはやらない。これは、仕事だけでなく、人生において言えます。

健常者って「別に仕事好きじゃないけど生活費のために普通に働いてる〜」って人いるじゃないですか。

ADHDの場合、それは無理なんですよね。詳しく言わずとも、もう身体で覚えてるはず。

「好きな仕事をする」なんて夢物語だ、と思うのもわかりますが、それはあなたが本気で探そうとしてないだけ。それしか生きる道はありません。

正直、1日の大半を占める「仕事」で、興味のないことやる人生なんて、ADHDなら死んだ方がマシだと思います。そのくらい無理。

ミスが許されない仕事

ケアレスミスが致命的な損失を生むような仕事は、やめましょう。

例えば、個人情報を扱う仕事や、人命を預かる仕事。

こういった職業に就くと、ケアレスミスでどんどん自尊心を失くしますし、最悪人生終わります。

また僕の体験談を紹介します

ド○モショップで働いている時、

  • お客さんの個人情報が詰まった書類を、カウンターに置きっぱなし。
  • お客さんの個人情報が記載されたPC画面開きっぱなしで、昼飯にいく。

毎日これで、店長に死ぬほど怒られました…。笑

「なんでできないんだ」「何度言えばわかるんだ」と散々罵声を浴びましたが、自分でもなぜできないのか、本当にわからないんですよね。やってるつもりなので。

当然、2ヶ月でクビになりました。笑

ADHDだと仕事が続かない理由

ADHDだと仕事が続かない理由

  • どこに行っても、クビになる。
  • 周りに迷惑をかける

だいたい、続かない理由ってこれだと思います。特に10代や20代で、ADHDが原因で仕事が続かないと、

「何をしても継続できないダメなやつ」というレッテルを、親や友人から貼られてしまい、とんでもないほどメンタルどん底に落ちていく。

「続かない」じゃなくて「続けたいけど、クビになる」だけなんですよね。

あとは、この仕事を一生するなら、本気で死んだ方がマシだと感じるので、逃げる。

こういうのも、結構あるんじゃないですかね。これはマジで、しょうがない。無理なもんは無理。

シンプルにクビになる

どれだけ周りに見下されようと、どれだけ罵声を浴びせられようと、君はダメな人間じゃない。

この記事を読んでいるキミに、僕が1番伝えたいことです。

本来キミがやるべきは『クビにならないように仕事をがんばる』じゃない。『クビにしたくてもできないほど活躍できる場を見つける』こと。

どうしても防げないケアレスミス

ケアレスミスでクビになるのは、誰でもできる仕事です。

派遣社員やバイト、こういった職って、換えはいくらでも効くんですよ。

本来、仕事でミスをするなんて当然。誰だってミスをする。だけど、小さなケアレスミスで仕事をクビになるのは「誰でもできること」というステージにいるからなんですよね。

『誰でもできるはずなのに、できない→クビ』

当然の流れです。まずは、その「誰でもできる」ステージから抜けることを考えましょう。

そこで必要になるのが「技術力→スキル」。

ADHDでも続く仕事【活躍できる】

ADHDでも続く仕事【活躍できる】

自分のアイデアを活かし、才能を活かし、失敗を繰り返して何かを生み出すクリエイティブな仕事。

これが、ADHDのキミが本来の力を発揮できる場所。

つづく仕事を見つけたいなら、絶対に持っておくべき軸だと思います。

具体的には、下記5つのような仕事ですね。

WEBデザイナー

WEBデザイナーってどんな仕事?

  • 商品HPのデザイン作成
  • 企業・サービスのロゴ作成
  • WEB広告ページの作成
  • etc…。

ネットで仕事をするなら、デザインスキルは想像以上に最強です。

僕自身、独学でデザインを学び、LP製作やロゴ製作などの仕事を請けることもありますし、何よりスキルをつければつけるほど、単価も高い。

最近受けた例でいうと、LP製作で1本20万、2ヶ月で3本受注しました。資格不要で、クリエイティブなアイデアあふれるADHD人材におすすめの職業です。

✓必要なスキル

  • Adobe illustrator
  • Adobe Photoshop
  • HTML&CSS
  • セールスライティング(※あると便利)
  • プログラミング(※僕は外注してます)

僕は全て独学で学びましたが、オンラインスクールなども充実していて、本気で学びたいならそういうのもありかな、と思います。

個人的には、迫さん(@ yuki_99_s)が運営する『Design Hacks』が評判もよく、おすすめです。

独学におすすめな本「けっきょく、よはく。」

WEBデザインの独学におすすめの本

ページをめくる度、学べる本。様々なレイアウトが、Before→Afterでわかりやすく解説されています。さすがデザイン本だけあって、とにかくスッと頭に入って疲れないのもGood。「見れば見るほど、真似してデザインを作りたくなる。」そんな本ですね。デザインを始めるなら、まずはここから。余白はデザインの命であり、その全てが詰まった名著。

カメラマン

「好きな写真で生きる」

こんな人生に憧れるなら、カメラマンとしての腕を磨きましょう。

僕は趣味でよく写真を撮りますが、よく「自分を撮って欲しい」「その写真飾りたいです」「コロブさんの写真ファンです」といった声をもらいます。

趣味でも、今ではインスタやYouTube、様々な発信媒体があるので、あなたの写真を発信して、「写真を撮って欲しい」という人の写真を撮りつつ、フリーランスを目指してみるのはどうでしょう。憧れる生き方ですね。

イラストレーター

  • SNSアイコン・ヘッダー
  • 広告メディアのイラスト素材
  • 書籍表紙の作成
  • カタログ
  • パンフレット

WEBデザイナーと似た仕事で、絵を描くを仕事にする人ですね。

これも、SNSでフォロワーのアイコンを無料で描いたりしながら知名度を集めつつ、フリーランスとして食べていくのも魅力的です。

僕を例にすると、イラストのマネタイズに関しては、本ブログで登場する「うさぎまるだしっ」を、ブログアイコン用として販売してます。

参考に見てってね。

【うさぎまるだしっ】BLOGフキダシコレクション(全25枚)Vol.1

【うさぎまるだしっ】BLOGフキダシコレクション(全25枚)Vol.1

(※画像をクリックすると対象ページへ移動します。)

【うさぎまるだしっ】BLOGフキダシコレクション(全25枚)Vol.2

【うさぎまるだしっ】BLOGフキダシコレクション(全25枚)Vol.2

(※画像をクリックすると対象ページへ移動します。)

ライター

ブログ、企業サイトなどのネット記事を書く人。文章が得意ならまずはここから。

僕はもともとライターとして独立しようと考え、アルバイトでライターをやってました。

ありがたいことに、今ではライティング界でも結構名が知れたので、個人的には1番再現性が高いかな、と思います。

✓ライターとして生きるには?

  • ライティングスキルを学ぶ
  • SEOライティングを学ぶ
  • セールスライティングを学ぶ
  • 個人でブログを立ち上げてアフィリエイトをする
  • クラウドソーシングサイトで仕事を取る

初心者は、まずここを理解すれば早いですね。

資格も不要なので、とにかく書いて書いて書きまくる。腕をあげて、文字単価をあげていけば、その分稼げるようにもなります。

最初は本業+副業でやるのがいいかも。「ADHDでよかったな」と特に感じる事が多い職なので、文章が得意だなって人はぜひ。

【完全初心者向け】WEBライターとして最速最短で稼ぐ方法【簡単です】

2020年4月29日

プログラマー

多くのインフルエンサーが勧める、圧倒的に稼げるスキル。

と言われてますが、実際はスキル不足だと「下請け業務」ばかりで消耗するらしいので、結構競争は激しいかなと。ただし、このスキルがあればまず食いっぱぐれることはないので、1番確実性が高い職種です。

初心者は難しくて挫折する人も多いようなので、個人的には独学よりオンラインスクールに通って学ぶのが正解な気がしますね。まあ僕なら独学します。お金払いたくないので。w

プログラミングスクール一覧

ポイントは「得意」を仕事にすること

ポイントは「得意」を仕事にすること

ADHDでも続く仕事とは、すなわち「本人が得意」なことです。

苦手なことはとことんできない分、得意なことは群を抜いて得意。

これを見ているキミも、自分はこれが得意だなというものが、一つや二つあるはず。

それを、自分の長所を活かしつつ、仕事にしましょう。

自分の長所を理解しよう

ADHDの長所とは

  • 好奇心旺盛で、チャレンジが好き
  • 他人との平等な関係を好み、上下関係が苦手
  • 浅く広くより、深く狭くの思考
  • 過集中と呼ばれる、異常な集中力
  • さまざまな感覚に敏感
  • 常に自分主体の自由主義

こういった特徴を持つADHDは、圧倒的に社会不適合者です。

仕事が続かないのも当然。ですが、これは圧倒的長所でもあるので、これを活かす「自分の分野」を仕事にしましょう。

スキルアップするなら『修行』しましょう

ADHDが社会で活躍するには「個人の技術力」が求められるので、修行が必須。

仕事が続かないと、周りから非難され「仕事を続けなさい」「安定した暮らしをしなさい」「現実を見なさい」と囁く大人は、数えきれないほどいます。

家族も、自分のことを心配してそういう声を投げてきますが、押し潰されてはダメ。

何かに夢中になってください。何かで上を目指してください。

どっちにしろ、ADHDというハンデを背負ったままでは「障害者就労支援」もしくは「アルバイトを転々とする」しか、道はないんですよ。

時間がかかってもいい、とにかく自分の好きなこと、得意なことを見つけて、それを身につける修行をしてください。

結論:ADHDでもつづく仕事は十分にある

自分は仕事が続かないダメなやつだ、人間失格だ、生きている資格なんてない。

こう感じるのは、僕も痛いほど理解できます。それでずっと苦しんできたので。

でも、いつまでもADHDを言い訳にしても、結局何も変わらないんですよね。

ADHDを”言い訳”にするか”武器”にするか、それはキミ次第。

それでは、今日はここまで。アデュー

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です